パティシエ専門学校のお役立ち情報がいっぱい!

このサイトでは、パティシエ専門学校についてどのようなことを学べるのか、学費はどの程度かかるのか、資格は取れるのかなどをご紹介していきます。
パティシエを夢に見てケーキ屋などで働くことを目指している人もいるかと思いますが、現実的に専門学校に通うなどして調理の技術を磨いたりノウハウを身に付ける必要があります。
そんな時には、お菓子づくりを一から学んでいける専門学校へ通うことも検討してみてはいかがでしょうか。

カフェから調理まで!パティシエ専門学校の基本

カフェから調理まで!パティシエ専門学校の基本 パティシエ専門学校では、ケーキ屋などの洋菓子店で働くことを目指してお菓子づくりを専門的に学びたい人が、調理の技術や実際に働くためのスキルやノウハウを磨くための学習をするための場所です。
本気でお菓子づくりを学ぼうとするなら、趣味の範囲で楽しくやっているだけでは技術が不足してしまうので、パティシエ専門学校に通ってプロフェッショナルな先生たちから現場で使える技を伝授してもらう必要があるでしょう。
素晴らしいお菓子を作るためには、その理屈や背景までしっかりと理解しておく必要があり、そういったことまで網羅的に学ぶことができるのが学校に通う意味合いとして大きいです。
調理の部分は、お菓子づくりに限らず料理にも通じます。

パティシエ専門学校で学べることと得られる資格

パティシエ専門学校で学べることと得られる資格 パティシエ専門学校で学べることは様々です。
お菓子作りの基礎知識から、食材の相性、衛生管理などが学べます。
お菓子作りの基礎知識は洋菓子だけではなく、和菓子やパンに関する基本的な知識も学べるようになっています。
洋菓子の歴史は長いため、お菓子のルーツやできたは時代背景なども知ることができます。
衛生管理も重要な勉強です。
安心と安全を提供することは食品を扱うための前提と言えます。
衛生法規、公衆衛生学、食品衛生学の3種類を学べます。
食品の特徴も学べます。
小麦や砂糖などの洋菓子に必要な素材の個性を、産地や加工の違いを勉強することで味の違いも理解していきます。
また、食品同士の相性もパターン化されているため基礎を知ることができ、現場でも通用する技術を身につけられます。
当然、パティシエ専門学校では技術も学ぶことができ洋菓子に必要な混ぜる技術や練る技術、焼き、絞り、飾るための技術などを学んでセンスを磨いていきます。
このような勉強を通じて、製菓衛生師や菓子製造技能士などの国家資格を得ることができます。
他にも民間資格を取ることもできます。
きちんと資格を取っておけば就職にも有利になり、自分にあった仕事を見つけられる可能性が高くなります。

パティシエ専門学校にある設備で特別なもの

全国各地には、さまざまな専門学校があります。ホテル従業員になるための観光学校から、水族館職員を育成するものまであるほどです。そのなかのひとつに「パティシエ専門学校」というものもあり、ここでは洋菓子作りを学ぶことが可能です。
簡単にパティシエ専門学校の概要を見ていくと、一般的な教育施設にはない特殊な設備があることがわかりました。それはイタリア製の石窯というものです。石窯には薪を入れて直接火を投入するため、必ず近隣の消防局に設置の許可を取らないといけません。
なぜこの設備を大半の施設で備えてるのか、その理由は欧州の洋菓子作りには必要不可欠だからです。今ではオーブンレンジでパンを作る事ができますが、本来は窯で焼いておくものです。パティシエ専門学校では以前の作り方を指導しているため、必須のものとなったわけです。学生は旧来の作り方を学び、その歴史にも触れてスキルを伸ばしていくのだということが、わかりました。

現場で活躍できるパティシエになる パティシエ専門学校

パティシエとして活躍したいと考える時、必ず取得しなければならない資格というものがあるわけではありません。しかし、パティシエになるには、身につけなければならない専門的な知識や技術、センスなどが数多くあります。初めからお店で修業して腕を磨くというケースもありますが、多くの場合、調理師学校や製菓専門学校のパティシエコースやパティシエ専門学校、製菓学科や食物・栄養系の学科で製菓コースのある大学や短大で学ぶことになります。
パティシエ専門学校では、食品や衛生、製菓などの知識の授業がありますが、ほとんどの場合、カリキュラムの多くを実習が占めています。製菓や調理に関わるのが全く初めてという人でも、基礎から指導してくれるので、確実に力をつけることができます。プロのパティシエが直接指導をおこなっているところもあり、実践で役立つ技術を間近に見て学べます。
また、パティシエ専門学校で学ぶことで、厚生労働大臣の定める基準に基づいて各都道府県で実施している、製菓衛生師の試験の受験資格を得ることができます。

2年間集中して学べるパティシエ学校を探す

パティシエを目指している方は、専門的な知識や技術を身に付けていないと、お店で働くときにわからないことが多く、仕事の難しさを感じる方もたくさんいます。必要な資格やスキルを習得することができるように、パティシエ学校で集中して学ぶことも大事なポイントです。
専門学校によって、通う期間やコースの内容に違いがあるため、集中して学習することができる自分に合ったコースを探すことをおすすめします。
2年間集中して学ぶことができるパティシエ学校を見つける事もでき、高校生のころにパティシエにあこがれて、ケーキ作りを始めるなど、まだ経験が浅い方もじっくりと学ぶことができます。
基礎がまだできていな人が、職人として働き始めるのは難しいため、採用活動をするお店の経営者にとても、パティシエ学校で知識と技術を身に付けた人材を探すケースもあります。
基礎の土台をしっかりと作っていくことができるように、まずは学校で集中して学習することをおすすめします。

パティシエ学校の洋菓子本科に夜間部はあるか

パティシエ学校では洋菓子を本科とするところが多いですが、昼間だけしか通えないのではないかと思い、社会人でチャレンジしたくてもできないという人は少なくありません。
しかし、夜間部を開設している学校もあるため、専門学校の情報をチェックすると見つけられます。
会社帰りや大学の帰りにダブルスクールといった形で通う人は少なくないため、今の仕事をしながらパティシエを目指したいと考えている人や、大学に通いながら資格を取りたいと考えている人にチャンスです。
学校側の授業内容や費用、カリキュラムなどを確認し、自分で通えそうだと思ったら申し込んでください。申し込む前に学校との相性を知りたいと思うなら、オープンキャンパスや体験入学を利用する事も必要です。
パティシエ学校のオープンオープンオープンキャンパスの場合、休日に実施しているところが多いといいます。
また、体験入学は随時行っているところが多い為、相性を見るのに最善です。

専門家になれるパティシエ専門学校で進路を決める

未来をイメージするこてはとても大事なことで、お菓子作りの専門家としてパティシエ専門学校へ通う人も増えています。
食の文化はいつの時代も必要不可欠な存在で、現代は海外の情報が入ってきやすいインターネット時代でも食の専門家は人気です。
将来の進路にパティシエ専門学校を選ぶ人は、お菓子を提供することで人に喜んでもらいたいという気持ちがあったり、また自分で新しいチャレンジをしたい人もいます。
特に知識を得てからお菓子を作ってみたいという夢を持っている人では、基礎をしっかり学び、その中で新しい発想を育むことも可能です。
将来の進路を考えるときに、難しいことばかり考えても取り越し苦労だったりすることがほとんどで、一度決めたらやってみるが大切なことだといえます。
また人に左右されることなく、いいイメージで進むことができると道が開けてくるので、学校で習っておくと即戦力として就職にも有利になることは間違いありません。

パティシエ専門学校で経験できる実習の内容

ケーキやマカロン、ワッフルといった洋菓子は国内でも大変な人気です。有名な洋菓子店のメニューでもあり、これらを作って販売するにはパティシエにならないといけません。
職業としてなりたいという場合はまず、パティシエ専門学校に進学をして勉強することからスタートをします。
大半が18歳以上から入学することができ、2年間の教育を経て免許を取得します。
パティシエ専門学校ではお菓子作りの基礎から栄養学、さらには実習で実際に色んなスイーツ作りも学べるところです。
ここでは実習について解説をしていきましょう。1年生の時から教育要綱に取り入れられており、最初は簡単なパンケーキやドーナツ作りからおこなわれます。
2年生になるとグループではなく個人一人ひとりに課題を出され、直接単位取得にも影響を与えるものになります。
パティシエ専門学校の卒業制作課題にもなるため、学年が上がるごとに内容は難しくなるのが実地演習の特徴になります。

パティシエ専門学校に行くべき意見があります

専門学校に通うことで一定の基礎的知識や専門性を理解することで、仕事をしたり就職に有利になることはたくさんあります。
これはお菓子作りのスペシャリストでもあるパティシエ専門学校でも同じことで、働く環境では必要な知識がいります。
意見としてパティシエ専門学校に通ったほうがいいのか、それともすぐに現場で働いたほうがいいのか分かれることも少なくありません。
これは結論からいえば、専門学校で学んだ方がストレスなくスムーズな仕事ができると考えていいです。
まず今の義務教育から高校を出たての学生では、一般教養が身についていないというのがネックになります。それ以外でもコミュニケーション能力欠如によって、いきなり働いた環境でストレスを抱えやすいです。
これらのケースでは、長続きしないで仕事ができないで終わります。
その反面、パティシエ専門学校で習っておくと、専門的知識の他にもコミュニケーション能力もつけることができますし、何よりも社会環境の厳しさを体験することで即戦力で働くことができます。

パティシエ専門学校で在籍している講師の特徴

洋菓子店を開業したり、働いたりするにパティシエの免許を持っていないといけません。その免許を手に入れるにはまず最初にパティシエ専門学校に進学をすることからスタートをします。
高校卒業をした方を対象としていて、2年間在籍をしてから技能試験を受験する資格を手に入れることが可能です。
パティシエ専門学校では有名な洋菓子職人が講師として在籍をしており、直接その方々から指導を受けることができます。
ここでは簡単に、パティシエ専門学校の講師の特徴について見ていくことにしましょう。
日本全国では名店と呼ばれる洋菓子店があり、その方々を各パティシエ専門学校では招かれているのがポイントです。
なおその方たちの大半が客員となっており、常に在籍をされているわけではありません。
常駐をしているのは専任というかたになり、調理の基本や栄養学を指導されます。専門学校では実習という教育カリキュラムがあり、客員がおもに担当をする講習になります。

パティシエ専門学校の留学先の諸外国について

洋菓子職人になるためには、まず最初にパティシエ専門学校に進学をしないといけません。最近では人気がある職業となっているので、全国各地にたくさんの学校が点在するようになりました。
高校卒業後に入学をして2年間、ここで基礎的な知識を身につけます。
多くのパティシエ専門学校では留学制度も用意されており、洋菓子の本場となる諸外国に行って学べる環境も用意をされています。
簡単にどのような諸外国に行って学べるのかここで見ていきましょう。
留学先として人気があるのはドイツ・フランス、ベルギーの3か国です。
このうち、多くのパティシエ専門学校ではフランスのパリ一帯に学生を送り出しており、ケーキやムース・チョコレートなどを使用した菓子作りをまなべるようになっています。
なかには学校と提携しているパティスリーもあり、そのまま卒業後はスタッフとして現地で働ける場合もあるほどです。パティシエ専門学校で基礎を学び、海外で応用実習をするのが理想的な勉強法です。

パティシエ専門学校について詳しく知りたい

大阪 パティシエ専門学校